金融関係 事務職
A.Tさん 30代 女性

何年も着てない服ってありませんか?特に着物は着る機会も少ないですよね、最近は花火大会にすら着なくなってきました。

しかも着物ってタンスにしまっても、物凄くかさばるんですよね。なので思い切って売ることにしました!もったいない気もしますが、ずっと使わないとカビなどで痛む一方ですもんね。それなら誰かに使ってもらったほうが良いと思います。

というわけで着物買取体験談です。買い取り金額や査定の様子など是非参考になさってください。

バイセルで出張買取を依頼

私の住んでいる所は埼玉県の田舎の方です。着物買取の店舗へは車で小1時間もかかってしまいます。それにネットで調べたらその買取店は小さいお店だったのでわざわざ車で着物を売りに行くのは手間がかかり過ぎてしまいます。

他にないのかな?と思い調べていましたら、ネット買取に行きつきました。コチラは大きく分けて2種類あります。
「出張買取」「宅配買取」ですね!

宅配買取とは

コチラは自分での着物をダンボールに梱包して買取店へ送るタイプのモノです。便利ですけど、ダンボールを自分で用意するなど少し面倒かな?と思いました。あと買取金額をキャンセルする場合の返送料は自腹という点もちょっと出費が増えそうです。

出張買取とは

コチラは査定員が自宅まで来てくれるサービスになります。しかも訪問時間は最短で30分!そして査定金額でOKを出せばその場で現金をくれるというもの。断トツで一番楽ですよね。特に出張料とかはなさそうですし、私は即決でこのサービスに決めました。

バイセルへ電話!

電話も無料でかけることができますよ。HPを見てみますと最短30分で!と書いてます。それって電話して30分後には家まで査定しに来てくれるの?と思いましたが、さすがにそれは無さそうです。さて、とりあえず電話してみました。

着物の話をしようと待ち構えていた私ですが、まずはコールセンターへ繋がりました。そこでまず買取する商品を聞かれたので「着物と帯、それから一緒に見つけた反物など小物も数点ありますと、お伝えしました。」

着物の種類も聞かれたので、「全て正絹です」とお伝えしました。実は生地の種類も確認済なんです。調べておいて正解でした。

正絹(しょうけん)とは、まじりもののない絹という意味です。

さて、それ以外に聞かれたことと言えば、「着物買取は初めてですか?」、「着物の持ち主は誰ですか?」、「査定後の売る売らないの判断は誰が行うのですか?」といったように結構矢継ぎ早に質問されました。

さて、その後電話予約担当へと繋いでもらいました。さすがに全国区の為コールセンターがあるんですね~。こんなに大がかりだったとは・・・。日付の取り決めに移りましたが、まさかの予約待ちでした!ちょっとガッカリです。土日は特に混んでるらしいですね。でも私は土日しか時間がないですから、予約は2週間後となりました。

まあ、急ぎではないのでそのまま予約して待つことにしました。無料ですし、速度の遅さには目を瞑ることにしましょう!

買い取り当日

土曜日の朝11時から予約をしていたので、朝から家を掃除をして綺麗にして待ってました。実は玄関先での査定も可能ということだったので、とりあえず玄関先でお願いしていたのです。まあ、着物って広げるとかなりスペースをとるので、場合によっては居間に上がってもらおうと思ってたので、一応居間も掃除です!

さて、そうこうするうち予定の30分位前に「時間通りに着きます」とのご連絡を頂きました。そして時間ピッタリに到着!査定員の方はとても愛想がよく非常に好印象でした。さすがサービス業って感じです。

買い取り開始!

今回依頼したものを紹介します。全部で9点(4種類)も査定してもらいました。

色留袖(単衣)

赤色が綺麗な色留袖です。生地自体はヨレもなく新品のようですが、着物全体に描かれている白い模様がいくつか色あせています。素人目にも真っ白ではないですね。減点の対象でしょうか?

査定員さん曰く、「シミは洗い張りをすればほとんど消えますよ」とのこと。ちょっと安心しました。そして買取価格は1,200円でした。

小紋

全体が灰色の落ち着いた雰囲気の小紋です。コチラは結構状態が悪く全体に薄いシミ、ところどころに濃いシミ、といった状態。着るのはちょっと無理かな?といった感想です。そして買取価格は100円になりました。まあ、ブランドでもないのでしかたないです。

帯3点

査定員さんから「名古屋帯は1点50円です」と言われました。そもそも私の帯って名古屋帯だったんですね・・・初めて知りました。なんでも名古屋帯は着物の帯の中で、最もポピュラーなんだそうです。しかし50円ですかー、ちょっと残念!名古屋帯ならシミのあるない関わらず50円なんだそうですね。でも絶対使わないので、売ることにします。

反物4点

いよいよ反物です。4点あるのですがどれもかなり綺麗な状態で1番期待している商品です。さて査定開始です!どこを見てもシミ1つ無い綺麗なものです。途中で査定員さんから「証書が表示されていないものがありますね・・・」と言われました。

証書?と思いましたが、どうやら反物って端っこに証書が表示されているものらしいのです。私の反物にはそれが無いのだとか・・・。そして「証書がないと買取自体出来ないんです」と言われました。なんと4点のうち3点も証書がないんです。証書が無い反物っていったい何なんでしょう?

「買取不可」ということで、まあ何とか活用するとして、残り一点は買取OKでした。そして買取価格は150円です!期待してただけに査定員さんへ「反物って安いんですか?」と尋ねたところ「有名は大島紬でも600円~1,000円ほどです」とのこと。やっぱり着物が高額買取なんでしょうね。

合計の買取金額は?

さて、全ての査定が終了しました。全部で9点の4種類です。金額は「1,500円」となりました。色留袖以外はタダみたいなものなので迷いましたが、置いておいてもスペースを取るだけですし、全て向こうのいい値で売ることに決定しました。

その後の流れは

査定員さんへ私の自動車免許を提示して本人確認を終えてから、タブレットで恐らく本部?へデータを送っていました。なんでも本部からOKが来ると、送った私のデータは削除して個人情報を守るそうなんです。なんだかハイテクですね。契約書にサインをして、現金でそのまま代金を頂きました。想像以上に楽でしたね。

バイセルの感想

まず一番感じたのは大変便利で楽!ということです。電話予約をしてから実際の買取まで2週間ほどもかかってしまいましたが、なんといっても無料ですので、私の方に損は全くないです。

但し買取金額は予想の半額くらいでしたね・・・。まあ古本とか古着もタダみたいな値段で買取してますし、こんなものかしら?といった感想です。高額買取感は全くしなかったですね。

私の場合は着なくなった着物が邪魔になってきたので、捨てるくらいなら売っちゃえば?といった軽いノリなので金額自体はそこまで気にしません。ですが、本当に着物に思い入れがあって、新品で買ったときの価格が高い場合は考えものですね。そういったちゃんとした着物だと高額を付けてくれるのかもしれませんけど。

ワンポイントアドバイス

バイセルにはクーリングオフ制度があるんです!これは、買取後8日間は返品が可能というもの。高額な着物を売る際には、複数の買取会社を利用するかもしれません。こういった制度があると、より着物買取を利用しやすくていいですね。