通常的な中古着物は大体数千円から数万円の買取額が相場です。

それではどういった着物が高く買い取ってもらえるのでしょうか?

ここでは、他の着物と違った高価買取の着物について触れようと思います。

高く買い取ってもらえる着物の条件

当然ではありますが、古いものより新しい着物のほうが高く買い取ってもらえます。

これは着物に限らず車などでもそうですね。例外としては、家具など、アンティーク品は高値がついたりもします。

ですので、もし図らずも売りたい着物が見つかった場合、なるべく早く買い取ってもらったほうがよいでしょう。これまで着ていて、今後着なくなりそうな着物についても、しまい込まずに極力早めに手放したほうが懸命です。

高値で買い取ってもらえば、次の着物を購入する足しにもなります。

また、保存状態も重要です。それほど古くなてても、シミやシワ、汚れがあればそれだけ査定額が悪くなります。虫喰なんてもってのほかです。

古くても高く買い取ってもらえる着物

基本的には古い着物は高値がつきにくいですが、着物業界にも例外となるケースがあります。

それは、その着物の作者が誰なのかという点です。

有名な作家や人間国宝となっている方がデザインした着物などは、古くても高値がつきます。

また、伝統工芸品として定義されている着物も高値で買い取ってもらえる可能性が高くなります。手織りで手間がかかっていることもあり、そういった着物は販売するときにも高値で売ることができるので、買取時の価格も必然的に高く設定することができます。

 

証紙があると高値になる

伝統工芸品などは、売る人の説明次第でどうにでもなるところがあります。もちろん査定する側でもプロの目で見るので、伝統工芸品で無いものはわかります。

ところが、伝統工芸品である場合、確かに伝統工芸品であるという確証は持てません。そうであると判断できても、それを証明するものがあるのとないのとでは値付けが変わってしまいます。

買い取ってもらう着物が伝統工芸品であることが証明できればよいのですが、「証紙」と一緒に査定してもらえば、確かに伝統工芸品であることが認められ、スムーズに高値がつきやすいでしょう。

証紙は、織元の名前や作られた時期など、織物組合で品質が保証されている着物だけに付与されるものです。着物についての詳細な情報が記述されているので、査定する側としても、信頼、信用の証として活用できます。

着物買取の高値相場は?

それでは、高く買い取ってもらえる着物は実際にどのくらいの査定額が付けられるのでしょうか?

例えばスピード買取.jpの実績紹介を見てみると、著名作家のもであれば、数十万円から中には100万円を越える買取額がつくこともあります。

 

自分で着ているものは、どの程度の価値があるものか把握していると思いますが、タンスの中に眠っていた親族の着物など、場合によっては大きな買取額がつくこともあるかもしれません。

見つけ次第、早い段階で査定してもらったほうがよいでしょう。