着物を買い取ってもらうおうとした場合に、実際に買取が完了するまでの期間についてまとめています。

店舗買取、出張買取、宅配買取と、段々期間がかかるようになりますね。

店舗買取にかかる期間

もっとも期間、時間がかからない買取方法です。売るものが明確で、自分で店舗に持ち込むことが容易なのであれば、店舗買取の利用が速いです。もちろん店舗の場所も関係してきますね。

とはいえ、持ち込みさえできれば、その場で査定、買取まで済みますので、1日あれば完了してしまいます。

※店舗持ち込みの場合は、念の為に事前に電話をして、予約が可能であれば査定の予約をしておいた方が安心です。もし混んでいると、待ち時間が多くなってしまいます。

1日で終了するとはいえ、待ち時間などの無駄になる時間が増えてしまいますと、その分時間的コストがかかってしまいます。

出張買取にかかる期間

査定にかかる時間は店舗買取を変わらないので、その点においては違いはありません。

出張査定の日取りを決める必要があるので、その決まった日取りに応じて、かかる期間が変わってきます。実際に売る着物が保管されている場所まで来てもらえれば、その後はすぐです。

出張買取業者のスケジュール次第で、買取完了までの期間は大分異なりますので、急いでいる場合は店舗への持ち込みの方が速いかもしれません。

査定中はこちらでは特にすることもないので、その間の時間は自由です。時間的コストという意味では、出張買取が最も時間がかからずに済むでしょう。

宅配買取にかかる期間

店舗買取、出張買取に比べて、もっとも期間がかかる方法です。

だいたいの買取業者のおいて、着物の送付用に使う梱包資材(ダンボール、ガムテープなど)が送られてくるところから開始です。それに最低でも数日はかかります。

そこから着物を梱包して発送する必要がありますので、また数日はかかりそうです。

場合によって、出張買取より早いケースもあるかも知れません。急いでいる場合は、出張買取でのスケジュールを確認して、宅配の方が早い場合はこちらを利用するとよいですね。

宅配買取は、梱包の手間と時間はかかりますが、それ以外はその場にいる必要もありません。お金のやり取りでは口座情報などのやり取りが発生するので、その点はわずらわしいかもしれませんが、自分のペースで事務処理的に進めていきたい場合はやりやすいです。

まとめ

着物の買取にかかる期間ですが、店舗買取、出張買取、宅配買取それぞれにおいてメリットがあります。

日数的にとにかく早いのは店舗買取、手間が不要なのは出張買取、自分のペースで進められるのは宅配買取です。

自分にあった買取方法を選択できるとよいですね。