使い古いした着物の場合、着物買取業者に売ることができるのか不安になることもあるかも知れません。

汚れていたり、色あせがあってみすぼらしい着物だと、こんなのわざわざ買う人もいないだろうと考えるかもしれません。確かに痛みの激しい着物であれば、買取額がつかないケースもあるかもしれませんが、基本的にはどんな着物でも買い取ってもらえますので安心して下さい。

臭いがついた着物

盲点となるのが臭いです。長くしまっていたものはタンスの臭いがついていたり、ひどいものはカビ臭などがあるかも知れません。これもあまりにひどいものは買取に至らないかも知れませんが、衣類はもともと臭いがつきやすいものです。

それでも、買取業者側でもそれは把握していますので、臆せず査定に出してみましょう。買取業者側では、何もカビ臭があっても大丈夫というわけではありません。それを取り除く記述があるのですね。

喪服の買取

買取業者が少ないものとして、喪服が挙げられます。

喪服の買取は行っていないことが多いのですが、心情的にわからなくもありません。他の葬儀で使われた喪服を着たいひとはいませんよね。

とはいえ、滅多に使わないものだからこそ、所有し続けるよりも売ってしまいたいという希望もあるかと思います。

スピード買取などの大手の買取業者では喪服の買取も行っていますので、諦めずに査定に出してみるとよいですよ。

ウールや化繊の着物は注意

ウールや化繊の着物は買取していない買取業者も存在します。

着物といえば生絹が基本ですので、どうしても上記のような業者はあります。

ですので、ウールや化繊の着物の場合は、複数の買取業者にあたって、買い取ってもらえるところをしっかり探しましょう。

昨今の着物買取事情

概ねどんな着物でも買い取ってもらえるのには理由があります。昔は汚れや臭い、正絹でないものは買取してもらいにくい状況でした。理由としては、買い取ったとしてもそれを販売しにくかったからです。

ところが昨今の着物市場では、これまでとは違った需要が増えてきているため、買取事情も変わってきています。カジュアルよりになってきているので、正絹でなくても買い取ってもらえる業者はありますし、特に海外の人には受けがよいようです。日本人の目線でネガティブな着物でも、外国人に人気であるケースも少なくありません。

また、クリーニング技術も向上しているようですから、これまでよりも買取してもらえる可能性は高まっていますね。

まとめ

つまり、売れない着物はないという心づもりで、買取業者に査定をお願いしてOKです!というのも、買取業者は買取って再販することで利益を上げているので、できれば買取を進めたいのです。多少の汚れや痛みであれば、クリーニングや補修の技術を持っていますので、変に自分で手をいれることなどせずに、そのまま買取業者に見せましょう。

「本物の着物」文化はあまり広がりを見せていないようですが、カジュアルな着物文化はその限りではありません。中古の着物のリメイクや、外国人からの人気、茶道などの日本文化に軽い気持ちで触れる層も増えているそうですね。

こぅいった層からは中古着物の需要もありますので、買取業者も買取には力を入れています。