タイトル : 北海道発祥!「優佳良(ユーカラ)織」と「蝦夷(えぞ)織」の魅力

 

日本の伝統文化の一つ「和服」。その歴史は古く、平安時代には十二単(じゅうにひとえ)、安土・桃山時代には小袖が着られていたと言われています。さらに江戸時代に着物は大きく技術発展し、現在に至っているのです。

京友禅(京都)、加賀友禅(金沢)、大島紬(鹿児島)、結城紬(茨城)、信州紬(長野)・・・沢山の着物が各藩の庇護のもと発達して頂点を極めたと言っても良いでしょう。

しかしながら現代でも新しい着物が生まれています。今回は北海道発祥の、新しい創作織り物「優佳良織」と「蝦夷織」について、ご紹介致します。

 

○「優佳良織」は、地元に愛される工芸品

 

1962(昭和37)年に北海道旭川市の染色作家・木内綾氏によって作られました。「ユーカラ」とは、アイヌ民族の抒情詩を表しますが、「伝承する」というという意味もあり、北海道発祥の伝統工芸品となる願いを込めて命名されたようです。ところが「ユーカラ織」が有名になるにつれてネーミングだけが先行したために、アイヌ民族の伝統工芸品だと誤解されやすくなっていきました。そうした経緯から、木内氏と親交のあった版画家の棟方志功氏の薦めで「優佳良」という漢字を使い、「ユーカラ織」から「優佳良織」と改名したと言われています。

 

北海道の四季折々美しい自然を織りあげる優佳良織は、まず糸を染めることから始まります。200~300色の糸色を使うため、染色だけでも1~2年は掛り、熟練の技が必要な織り物なのです。染色した原糸を手作業で撚って色を合わせ織っていくことで、グラデーションが美しい、まるで一枚の印象派絵画のような作品が出来上がります。

北海道旭川市という限られた地域にて作られている、北海道地方の染織工芸。素朴な風合いですが、手に取ってみると、その優しい雰囲気に心がなごみます。

 

ユーカラ

 

これはその昔、北海道旅行の際に購入しました「優佳良織」のハンドバッグです。お土産としては少し値が張りましたが、「ここでしか買えないかも知れない」と思って購入しました。時間と手間を掛けるため、どうしても高価なものになってしまうと言われましたが、その工程を知ると金額にも納得するしかないのが優佳良織なのです。

北海道の大自然・サンゴ草群落の湿地帯を表現しているこのバッグは、手触りもふんわりとして優しく、手作りならではの立体感がある素敵な作品です。

 

「織元」とも呼ばれた木内綾氏は、郷土旭川市への思い入れも深く、旭川を染織&工芸の中心地として発展していくように様々な貢献活動をして、その功績により87年北海道文化賞、95年文化庁長官賞などを受賞しました。

ところが2006年にお亡くなりになると親族により破産手続きが出され、「優佳良織」存続は危機的状況となったのです。けれども2017年に「優佳良織の存続を願う」署名運動がおこり、五万人の署名が集まったことから地元旭川市も優佳良織の技術の継承や施設の保護に動き出していると言われています。「優佳良織」は、市民に愛される工芸品として正念場を迎えているのかも知れません。

 

○札幌発の織物「蝦夷織」は、注目の新工芸品

北海道 ラベンダー

北海道といえば、広大な土地に咲く色とりどりの草花をイメージする方も多いでしょう。特に富良野地方に育つラベンダーは、初夏に大地を薄紫一色に染め上げる花で、その香りは心身をリラックスさせてくれる効果があります。また北海道という北の土地で育つハスカップは、花は白色ですが、その実は涼しい青色をしていて、不老長寿とも言われ注目を集めているのです。ただし、鮮度を保ちにくいために生は北海道限定となり、幻の果実とも言われています。

 

「蝦夷織」は、札幌の織物家・佐藤房子氏が発案されたもので、ラベンダーやハスカップ、ハーブなどを中心とした北海道の植物を染料として使っている新しい時代の織物です。アイヌ文化の独特の文様刺繍を施したものもあり、好評価を得ています。昭和の時代に生まれたので、歴史の長い織物としては最近の作品と言って良いでしょう。

織りはアイヌ織技術「アットゥシ織」や「エムルユーカラ織」「アッシ(厚子)織」などを進化させた独自の新しい織り方法を使っています。優しい自然の青色と芳しい香りを備えた「蝦夷織」は、柔らかく着心地も良いことで、安定した人気を博しているのです。

 

 

北海道での地域伝統工芸品は、他の都道府県に比べて少ないかも知れません。北海道の先住民族であるアイヌ文化では、前述のように織り物の技術はありましたが、日常的に着る衣類は身近な動物や植物の素材を使って作っていたようです。伝統工芸品としては2013年に「二風谷アットゥシ織」が経済産業大臣指定伝統的工芸品になっただけと言われています。

 

そんな中で出来た「優佳良織」や「蝦夷織」は、地元北海道で出来上がった新しい織物文化なのです。恵まれた北の大地から生まれた織物は、海外でも評価されて地元貢献していると言われています。