古き良き時代から受け継がれた伝統と歴史をもつ「越後上布」。ご存知でしょうか?上布とは、産地独特の技法で織り上げた高級な麻布のこと、つまり上等な麻織物のことをいいます。越後上布のほか能登・近江・宮古などその種類は全国にたくさんあります。そのなかでも、今回は高級な着物として扱われている越後上布についてご紹介していきたいと思います。

越後上布とは?

越後上布

出典:http://www.johfu-chijimi.jp/concept.html

 

越後上布の産地は新潟県小千谷市、南魚沼市。この地方で作られる麻織物のことを指して「越後上布」とよびます。その原料となるのは苧麻(ちょま)という植物。この植物の皮を一晩水に浸けて、川の肉質をそぎ落として繊維を取り出し、乾燥させます。その状態を青苧(あおそ)とよびますが、これを利用して越後上布を作っていきます。越後の地に根差した植物と自然環境から作り出された希少な織物と考えてよいでしょう。この糸は放熱性・放湿性に優れていて大変細いため、薄くてひんやりとした感触。そして何より通気性のよい着物として完成するので、蒸し暑い夏場に愛用されます。豪雪地帯の厳しい雪国の暮らしの中で人々の知恵を集結して生まれた最高級の夏着物といってよいでしょう。

さて、この越後上布ですが、着物でありつつ、文化遺産として認められている点も見逃せません。1955(昭和30)年に国の重要無形文化財、そして2009(平成21)年には日本の染織で初めてユネスコ無形文化財に登録されました。世界に認められた伝統技術という点も、越後上布が上布のなかでも最高級品として扱われている理由です。

越後上布

出典:http://www.johfu-chijimi.jp/history.html

ちなみに、越後上布に関する重要無形文化財指定要件として挙げられている特徴は次の5点です。

1 すべては苧麻を手うみした糸を使用すること

2 絣模様を付ける場合には、手くびりによること

3 いざり機で織ること

4 しぼとりをする場合は、湯もみ、足ぶみによること

5 さらしは、雪ざらしにすること

越後上布の歴史

越後上布の歴史はとても古く、1200年以上も昔にまでさかのぼります。奈良時代・天平年間に織られた麻布が奈良県の東大寺正倉院に宝物として今もなお保存されています。また、江戸時代には越後上布は幕府御用達の品として取り扱われるようになっていきました。

また、鈴木牧之の「北越雪譜」の中では、雪国の人々の生活の中に越後上布が位置づけられていることが記されていたようです。当時は機織りが上手にできるということが嫁入りの条件に含まれており、そのことが一家の経済状況を支えていたとも言われています。

越後上布のつくり方

越後上布

出典:http://www.johfu-chijimi.jp/concept.html

 

越後上布

出典:https://item.rakuten.co.jp/kasane-kyoto/d-6/

 

次に越後上布の製作過程を見ていきましょう。まず、苧麻から取られた繊維で青苧を作ります。そのあと、苧績み(手うみ)・絣つくり(手くびり)・製織(いざり機)・足ぶみ・雪ざらし、という工程をたどります。それぞれが洗練された技術と繊細な手作業によるのが特徴で、細かく見るとトータルで70ほどの工程があるそうです。まさに、人々の想いが終結した着物。なかでも苧績み(手うみ)・絣つくり(手くびり)・製織(いざり機)ではその技術を後世に残していくために、技術伝承者養成事業が行われています。

とくに、苧績み(手うみ)は越後上布の出来栄えの鍵を握る工程。薄くて軽い着物をつくるために、細く均一の糸を作ることが大切です。相当な根気を要する作業。そして、伝統的な織り機を使っていく工程では着物の模様を織り上げていきます。ときには経緯絣(たてよこがすり)で文様を表すこともあるようです。絣は部分染めをした糸を用いて、かすったような模様を織っていくこと。越後上布の柄は絣や縞が多いのが特徴です。

そして、最後にこちらは雪ざらしの光景です。何のためにこのようなことを行うのか、ご存知でしょうか?

越後上布

出典:http://www.johfu-chijimi.jp/process.html(雪ざらし)

足ぶみをして反物についた糊や汚れを落とした後、雪ざらしを行います。雪は天然の漂白剤。2月から3月にかけて晴れた日に雪の上に織り上げた反物をより白く柔らかく仕上げるために、一面に広げます。越後上布はまさに自然の力を借りて、作られた織物であることがご理解いただけるかと思います。雪があってこその越後上布です。

まとめ

今回は越後上布についてお話させていただきました。いかがでしたでしょうか?着物と言っても、様々な織り方があり、繊細な手作業のなかに込められる想いもお伝えしていくことがお分かりいただけたのではないでしょうか。上布の最高級品として「東の越後上布、西の宮古上布」と称えられている越後の伝統文化をこれからも受け継いでいきたいものです。