着物買取の地域別店舗情報と出張買取サービス/宅配買取サービスについてまとめています。

近くに利用しやすい店舗があれば持ちこんでも良いですし、店舗がなければ出張買取サービスや宅配買取サービスを利用するのが便利です。

出張買取サービスでは、着物の買取サービスだけでなく、例えば遺品整理の場合などにその他の物品についても買取ってくれる可能性があります。

店舗への持ち込みが面倒な場合は、最初から出張買取サービスを提供している業者に依頼することを考えたほうが良いかもしれません。

着物買取サービスの比較

着物買取サービスは業者、業態など複数あるのですが、絶対的にこれが良いというものはありません。各々の良い点・悪い点がありますし、人によって考え方も異なります。

ここではそれぞれのサービス内容やメリット・デメリット、についてまとめています。

各サービスの比較

着物買取サービスは大きく分けて以下の3つに分類されます。

主な着物買取サービス
1.店舗買取
2.宅配買取
3.出張買取

 

それぞれの特徴からメリット・デメリットを勘案すると、以下の表のようになります。

買取サービス総合判定買取額対応エリア費用手間
店舗買取33323
宅配買取22132
出張買取11211

店舗買取の対応エリアについては、居住地の近くに店舗買取の実店舗があれば使い勝手がよいことになりますが、逆に店舗が近くに無いのであれば、全く使えないサービスとなってしまいます。

また、宅配買取の費用について、基本的には梱包キットや査定が無料というケースが多いのですが、買取してもらうことを拒否した場合に、返送のための送料がかかるかどうかにご注意下さい。この点では出張買取の方が安心して利用できそうです。

近くに実店舗があれば利用してみるのも良いと思いますが、着物を持っていかなくてはなりません。付随して買取してもらえるものも選定していかないといけないので、やや手間がかかります。

出張買取のサービスエリア内であれば、出張買取が最も手間がかかりません。査定員が自宅まで来てくれて、買取してもらえるものは全て査定してくれます。中には、着物以外にも骨董品、食器まで買取範疇に入る業者もありますので、一気にものを処分したい場合は重宝しそうです。

居住エリアが出張買取サービスの対応エリアにも入っていない場合は、必然的に宅配買取サービスを利用することになります。ただし、上記でも言及したように、買取してもらうことを拒否したい場合は返送のための費用がかかるケースに注意が必要であることと、そこを逆手に取って、安めの買取額を提示される可能性もあるかも知れません。

総括的にはやはり出張買取が最も利用勝手が良いかと思われます。

高値で着物を買い取りしてもらうポイント

着物買取サービスを利用するに際して、一番気になるのは「買取価格」ですよね。どういった状態の着物が高値で買い取ってもらいやすいのかまとめました。

キレイな着物

当然ながら、傷、シミや汚れがない着物は高値がつきやすいです。とはいえ、汚れがあるからといって諦める必要はありません。着物買取を生業としている業者は、シミや汚れを落とすクリーニングについても長年実施してきているので、そのままおまかせすれば問題ありません。その分の買取額低減は仕方がありませんが、自分で何かをしようとしても逆効果となる可能性の方が高いのでご注意下さい。

丈が長い、大きい着物

買い取った着物はそのまま販売されることもありますがが、仕立てし直して別の着物に生まれ変わるころもあります。その場合、元の着物が大きいほど、仕立ての幅が広がります。ですので、丈が長い着物、大きい着物というのは買取が高くなる傾向にあります。

有名産地の着物

有名産地の着物はそれだけでブランド価値があります。着物としてだけでなく、伝統工芸品としての価値が付随してきますので、その分買取額は上がります。また、正絹は価値が高く、正絹以外は買取していない業者もある程です。

証紙

伝統工芸品として制作されている着物は、それを証明するために、組合が証紙を発行しています。着物を買い取ってもらうときに、この証紙の有無で買取額が大きく変わってしまいます。本物であることの証明になるものですから、一緒に提示できるように準備しておきましょう。

地域別店舗一覧

着物買取を行っている店舗は思いの外たくさんあります。リサイクルショップ、質屋、着物専門店、ブランドショップ、思いもよらない所で着物の買取をしていたりします。

各地域の主要な着物買取店を調査しましたので、居住地域の近隣に着物買取店舗があるようでしたら、持ち込みしてみて見積りをとってもらうと良いかもしれません。

いつまでも所持していても、最終的に処分することになると思いますので、思い立ったが吉日です。

>>>【地域別店舗一覧

地域別店舗一覧

実店舗での着物買取

実店舗での着物買取を考える場合、自分の居住エリアの近辺に店舗があるかどうかが一番の問題になります。一覧を掲載しておきましたが、これが全てではないですし、実際に着物を持って持ち込みをするのはおっくうなところもありますね。

良い点としては、実店舗の雰囲気がわかったり、店舗に立つスタッフ全員の顔がわかるというとことでしょうか。売り買いされている着物を自分の目でたくさん確認することができるので、安心感がありますね。

売れるものは着物の他にもありますが、持ち込みだと、事前に自分で判断することができないのが難点です。売れたら儲けものと思って全部持っていくのも大変です。

店舗に出向くのが面倒な場合は、出張買取サービスを利用するか、宅配買取というサービスもあります。

宅配買取サービス

着物の宅配買取ですが、ダンボールに詰めて送るだけなので、簡単なのが良い点です。査定時にその場に居合わせなくてよいというのは気兼ねなく利用できるメリットです。実店舗への持ち込みや出張買取だと、査定時に一緒にいないといけませんね。

ダンボールを始めとした梱包に必要になる物品は、すべて宅配買取業者の方で準備してくれます。すべて送付してもらえるので、こちらで準備しなければならないものはありません。

対応エリアも完全に全国となります。送付できる場所(住所がある場所)ならどこでもOKですから、この点は他の買取サービスには無いメリットです。家から出る必要がありませんし、自分のペースでいつでも梱包できますし、いつ発送しても問題ありません。

発送に関しては配送会社に取りに来てもらえばよいですし、その他の手続きに関してはネット上の入力で済みます。完全に自宅完結ですね。

気になるのは、査定後の金額に納得が行かない場合ですが、売却するかどうかは査定額を見てから決定することができます。査定金額が気に入らなければ、そのままキャンセルすることができます。その際に査定料金やキャンセル料がかかることが無いのが一般的です。

>>>【宅配買取サービス

宅配買取サービス

出張買取サービス

着物の買取店はどの地域にも意外とあるのですが、持ち込みするのが面倒な場合は、出張買取サービスを行っている店舗などもあります。そうしたサービスを利用すれば、自宅に居ながらにして着物の買取額を見積もりしてもらえます。

また、それに付随して、帯や櫛、関連のものも同時に買取ってくれたりしますので、サービス内容をチェックしておいたほうがよいかと思います。

おそらく着物を処分しようとしているタイミングでは他にも不用品が発生している可能性が高いので、出張買取サービスでまとめて持っていってもらうのも有効な手段です。

出張買取サービスは全国的に展開している業者が多いので、対象エリアなどをチェックしてみてください。

>>>【出張買取サービス

出張買取サービス

出張買取の特徴

出張買取サービスをメインに行っている業者は、実店舗をメインに持っている業者よりも運営費用を低く抑えられるので、その分を着物の買取額に反映できる傾向にあります。
つまり、実店舗メインの業者よりも高額で買取を実現し易いわけです。

出張費は基本的に無料で行っており、査定依頼するに際して不利になる点は見当たりません。仮に査定額に不満があった場合は、当然買取の拒否もできますし、出張費が無料なので何のリスクもありません。

出張エリア

出張買取業者の対応エリアですが、概ね全国対応しています。着物の処分に困っている世帯は、どちらかと言うと地方の方が多いので、買取業者としても出張エリアは大きくとって機会損失の低減に努めています。

ご自身の居住エリアが出張買取サービスの範疇に入っているか確認したい場合は、サービス提供業者のホームページをチェックしてみるとよいですよ。

>>>【出張買取サービス

出張買取サービス

着物買取コラム

着物買取に関するコラムをまとめています。他の方の着物買取エピソードなど、参考になりそうな話題をアップしていこうと思います。

他の方がいくらで着物を買い取ってもらえたなどの情報や、相場がわかるような話もできればよいと思っています。

>>>【着物買取コラム